言葉の処方箋

2024年7月9日

このセッションは、今ご自身で感じている「痛み」に対して、何をしても良くならないと考えている方に、対処療法とは別のアプローチ、「守護霊と話す」+「言葉の力」というのを試してみてはいかがでしょうか?というセッションになります。

世界観

からだに痛みが起こる根本原因は何か?と考えた時に、
それはすべての痛みは「体からのメッセージである」という考え方を元にしています。

これは特別なものではありません。
皆さんもきっと今までに「ストレスで胃が痛い」といった言葉を聞いたこともあるかと思います。

痛みは「何か改善したほうが良いよ」「このままだと良くないよ」といったものから、「自分の中のネガティブな思考や気持ちを理解するため」、「偏った価値観を見つめ直すため」、「成長するため」といった内容が込められたメッセージだと考えています。

そのメッセージがわからずに、痛みだけを対処療法のような形で消しても、再発してしまいます。
なぜなら、本人に必要なメッセージなので、気づくまで繰り返しメッセージが発せられるからです。

そのためメッセージと向き合うことが大切であり、それが痛みを根本から取り除くアプローチとなり、結果的に、本人にとって豊かで幸せな人生に繋がっていきます。

※辛いという文字に1つ横線を加えることで幸せという文字になりますが、この1つの横線というのは「成長」を表わしているのではと思います。

脳と体と言葉の関係

レモンと梅干しを想像してみてください。
どっちがすっぱいと思いますか?

どっちかな?って思った時に体に変化は起きていませんか?
唾液が出てきますよね?

これは条件反射ともいわれますが、脳というのは言葉に対して反射的に反応します。
レモンや梅干しを食べたことがある脳は、言葉を聞くだけで唾液を出そうという指令を出します。
指令を出された体は、指令されたとおりに唾液を出します。
これはレモンや梅干しを食べたことにより、唾液を出すような神経回路が出来たからです。

言葉の力

前向きな言葉や安らぐ言葉、感謝の言葉、不快な言葉を発するだけで、やる気が出たり、リラックスしたり、穏やかな気分になったり、衝動的な気分になるのは、脳がその言葉に反応し、脳内ホルモンであるドーパミンやセロトニン、エンドルフィンやアドレナリンがでることによるものです。
その結果、集中力が出たり、落ち着いたり、痛みが減ったり、心拍数に変化が生まれるといった反応が出ます。

量子力学の世界では、思考が物質化(現実化)すると言われています。
言葉だけでなく、ご自身の持つ思考や意識によって、エネルギーが生まれ、そのエネルギーは脳波にも影響を与えることで、細胞に変化が生まれます。

また、先ほどのレモンや梅干しの話しのように今までの経験からだけではなく、発する言葉や思考によって新たに神経回路が構築されたり強化されることも今ではわかっています。

脳は否定しない

脳の性質上、言葉や思考に反射的に反応し、体に指令をだします。指令をうけた体は、指示通りに実行します。
この性質を利用して、言葉を使って体の痛みにアプローチしていこうというのがこのセッションでの趣旨となります。

潜在意識を書き換えることやブロックを外すこと、思い込みとは何が違うの?

皆さんが思っている「潜在意識を書き換える」や「ブロックを外す」「思い込み」という定義により捉え方が異なりますので何とも言えませんが、「言葉の処方箋」というのは今までの神経回路を浄化し、新たな神経回路を構築するというセッションになります。

こういった症状に対応しております

【病気や症状】五十音順

あ行
・顎(あご)の不具合
・足がつる
・足首の不具合
・足の冷え、むくみ
・胃の不調
・いびき
・X 脚(えっくすきゃく)
・嚥下(えんげ)障害
・遠視
・O 脚(おーきゃく)
・嘔吐(おうと)

か行
・外反母趾(がいはんぼし)
・過呼吸
・過食症
・肩凝り
・肩の不調
・感染症
・肝臓の不調
・気管支炎
・ぎっくり腰
・拒食症
・近視
・くせ毛
・首の不調
・下痢
・肩甲骨周辺の不調
・腱鞘炎(けんしょうえん)
・高血圧
・甲状腺(こうじょうせん)の不調
・口内炎
・股関節の不調
・腰の不調
・骨粗しょう症

さ行
・坐骨(ざこつ)神経痛
・痔(じ)
・子宮の不調
・歯周病(ししゅうびょう)
・四十肩
・舌の不調
・しびれ
・しみ
・若白髪(わかしらが)
・しわ
・心疾患
・腎臓(じんぞう)の不調
・頭痛
・生理の不調
・咳(せき)
・背中の不調
・喘息(ぜんそく)
・前立腺(ぜんりつせん)の不調

た行
・体臭
・たるみ
・痰(たん)
・胆石(たんせき)
・中耳炎
・痛風(つうふう)
・低血圧
・手首の不調
・手の冷え
・動悸(どうき)
・糖尿(とうにょう)病
・ドライアイ

な行
・難聴(なんちょう)
・乳房の不調
・尿管結石(にょうかんけっせき)
・抜け毛
・猫背(ねこぜ)
・脳卒中(のうそっちゅう)
・喉(のど)の不調

は行
・肺炎
・歯ぎしり
・白内障
・肌荒れ
・歯の痛み
・発熱
・鼻の不調
・冷え性
・膝の不調
・肘の不調
・皮膚の不調
・飛蚊症(ひぶんしょう)
・肥満
・貧血
・頻尿(ひんにょう)
・腹痛
・不整脈(ふせいみゃく)
・不眠症
・ヘルニア
・ヘルペス
・扁桃腺炎(へんとうせんえん)
・便秘(べんぴ)
・膀胱炎(膀胱炎)
・放屁(ほうひ)
・勃起不全(ぼっきふぜん)
・ホットフラッシュ

ま行
・巻き爪
・水虫
・耳鳴り
・胸(乳房)の不調
・目の不調
・目眩(めまい)
・ものもらい

や行
・指のトラブル

ら行
・乱視
・卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)
・リウマチ
・緑内障(りょくないしょう)
・老眼

こういった方はご遠慮ください

・この世界観に共感出来ない方、受け入れられない方
・言葉の力で痛みが変化すると信じられない方
・自分で治すという意図がない方

痛みを取るのはあなた自身です。
痛みを取るのは私(まこと)ではありません。私はあくまでも、痛みを取る手段として「言葉の処方」をするだけであり、痛みを取るのは皆様自身が発する言葉によるものです。
「痛み」が「体からのメッセージ」ということであるのであれば、その本質は、「あなたがそのメッセージを受け取り、自らを成長することでその痛みが取れる」ということになります。

セッションの流れ

①ヒアリング
どこに痛みを感じるか?どうするとそうなるか?を聞いていきます。

②チェック
動かしたらどういう風に痛いか?といったことを聞いていきます。
10段階で評価し、一番痛いのを10、まったく痛みを感じないのを0としたら今は何段階にあるのかを聞きます。

③原因解明
痛みの原因を一緒に解明していきます。
こういう気持ちはありますか?やこういう考え方をしていましたか?といったことを聞いていきます。
該当する様なものがないか、思い出したり考えたりしていただきます。

④あなたの守護霊と繋がりながら言葉を作成します。
原因となっている思いや考えを打ち消し、新たな神経回路を構築するための言葉を作成します。

⑤言葉を唱える
作成した言葉を5回連続して声に出して唱えていただき、その場で痛みに変化があるかを確認します。
変化がない場合には、原因はそこにないので再度③に戻ります。
痛みに変化がありましたら終了です。

すべての痛みに有効なのか?

効果には個人差があります。
すべての痛みがその場で消えるというものではありません。
根本原因が解消された時に痛みが消失すると考えています。
また、根本原因が複数ある場合やメッセージの段階にもより、変化の度合いは異なります。

メッセージの段階とは?
①「きづいて」というメッセージ
②「考え方(思考)をかえて」というメッセージ
③「気持ち(感情)をかえて」というメッセージ
④「行動をかえて」というメッセージ

思考、感情、行動パターンがかわった時点で再発しなくなります。再発しなくなることを目指します。

なぜこのようなサービスを始めたのか?

普段は守護霊と話す人として、皆様の守護霊(ガイド)と直接繋がり、今抱えている悩みや相談に対応しておりますが、体の痛みや不調に関してはヒーリングや生活習慣の改善といったアプローチしか出来ませんでした。
それ以外にも何か出来ることがあるのでは?と考え、今回取り入れたのがこの「言葉の処方箋」です。
私自身が事前に想像していた以上に、その場で多くの方の痛みや不調の改善がみられますので興味のある方は是非。

セッションについて

Zoomにてオンラインでのセッションになります。
30分 8,000円となります。
※痛みのある個所1つにつき約30分かかります。
※変化を感じなかった場合には返金致します。(振込手数料をのぞく)

ご希望の方は以下よりご都合の良いスケジュールを決めていただき、ご予約をお願いいたします。

→予約はこちら


Lineでのやり取りをしますので、事前に公式Lineへの登録もお願いいたします。
→公式Line ※初めて登録された方はスタンプを送ってください。

免責事項

このセッションは医療行為ではありません。
専門医である医療機関の診断を仰いだ上で~。という形になります点ご了承ください。
痛みの変化には個人差があります。
すべての方に痛みの変化があることを保証するものではありません。あくまでも1つのアプローチという形でとらえてください。